会社の共有LANケーブルはなぜ高確率でツメが折れているのか

2016-07-17

前回、ルーター新調を兼ねてWiMAX2+に乗り換えたはいいものの、
無線LANが繋がらず有線接続していると書きましたが、
いろいろ試して最終的にルーター再起動したら繋がりました。

今までずっと、使わないときは電源ボタン長押し=休止状態 にしていました。
が、休止状態からのさらに長押しで完全に電源OFFできることを発見しました。
これでキチンと「再起動」したことが良かったのかも。
説明書を読まないとこうなる、という良い例。


おまけ スピードテスト結果。



日曜の夜/速度制限なし/無線LAN帯域 2.4GHz/バランスモード(充電MAX)/寝まき で測定。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/07/17 22:08:58
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 6.30Mbps (786.9KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 15.41Mbps (1.93MB/sec)
推定転送速度: 15.41Mbps (1.93MB/sec)


有線とさほど変わらない。

無線LAN帯域 5.2GHz(屋内)でもやってみた。
ちなみに、
都内/住宅街/木造アパート二階/築三年/風呂トイレ別 です。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/07/17 22:13:36
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 15.85Mbps (1.98MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 10.81Mbps (1.35MB/sec)
推定転送速度: 15.85Mbps (1.98MB/sec)


うーん。誤差かな?

というわけで、もう有線にするメリットもなさそうなので
LANケーブルは再びクローゼット行き。短い間だったけどありがとう。
差し込み口にカチッとはまる感じが好きだったよ。攻殻機動隊を彷彿させるよね。
タイトルの通り、仕事で使ってるケーブルはカチッと部分が取れててモヤッとするけど。

タグ:無線LAN wimax2+
posted by aida at 22:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: